toggle
2019-06-15

心と身体の時間差を知る

梅雨本番です。雨の日や曇りの日、冷える日が続くと、心も体もネガティブなところが気になってしまいますね。

これを知っておくとちょっと楽になる、そんな情報を共有したいと思います。

心と身体には時間差があります。

『心』 の部分は、エネルギー、意識、精神面など、腑に落ちる言葉に置き換えていただいても構いません。
特に、自分にとってチャレンジングなこと、新しいことをしたとき。
転職、新しいプロジェクト、引越し、結婚または、意識の目覚めなどなど。
そんな時は、気持ちがまず頑張ります。心や意識がたくさん動きます。

わくわくも不安もたくさん起こります。

場合によっては、怒りやイライラも、もちろん起こります。

風呂上りや、帰宅したとたんに、

あー!今日も頑張った~・・・・。

なんてなることもあるかもしれません。

一晩寝ると、回復してきます。さあ、今日も!と。

心がだいぶ慣れてきてスタミナが付き始めた頃。

急な高熱。胃が痛い。肩腰がやばい。

そんな症状が出てくることがあります。

それは、少し前に頑張っていた心の疲れという可能性があります。

心とからだはつながっています。身体の症状が後から出る。そういうことがあります。

具合が悪いけど、原因がぴんと来ない。そんな時は、少し前の頑張ってた分が出たんだな~、ということもあります。

あ、そうかも。

という方。身体に感謝を伝えて、体が何をすると今心地よいかを優先してみてくださいね(*^-^*)。

もちろん、心に蓋をして頑張っていた方は、心の叫びが出てきているかも。

雨音を聞きながら、心に耳を傾けて、おいしいコーヒーでも飲んでみてください(*^-^*)。

とにもかくにも、『時間差』ってことが起きます。それを知っていると、不具合に振り回されることがひとつ減るかもしれません。

頑張ってきたのにここでダウンか~、ではなく、あ~、頑張った分出たな~と思える。それだけで、何気ないことですが、心の落ちどころが『落ち込む』から『腑に落ちる』に変わります。

今日も心地よく、わくわく暮らしましょう♪

関連記事