toggle
2017-08-22

軸を見つけよう~千駄ヶ谷ヨガレポート①~

これは、千駄ヶ谷に限った事ではないのですが、時々、「」を活かしてるかどうか、のお話をさせてもらっています。

ヨガで軸っていうと、バランスを取るときの身体の中心ってイメージがあると思います。

それも然り。

でも、私が感じている軸、中心って、もっと生活の中で生かされるものって思ってるんです。

生きる姿勢の軸。

先日、とあるメニューの最中に、身体が前傾しすぎている方がいたんです。

繰り返しますが、たまたま、千駄ヶ谷の教室でそういうことがあっただけで、どこの教室にも、必ずいらっしゃるんです。
でも、ちょっと気になったので、こんなお話をしました。

会社で部下のいる方や、子育て中の方は、ピンと来ることがあるようですよ↓

私が出会ってきた方たちがそうであったので、必ずそうだとは申しませんが、身体が前のめりになる、という方は、「人に寄り添い過ぎてしまう」傾向を感じます。

親身になりすぎて、「自分の軸から外れた」ところで頑張っちゃう。

こういうのが、「頑張りすぎちゃう」瞬間なのではないかと思うのです。

結果、疲れてしまう。軸がぶれた独楽が止まるように、最後は体調を崩したり。

私もそういう所あるのですが、度を越えたことに気付けないとき、やっぱり疲れちゃうのです。

だから、困ってる人に気付いた時は、あくまで自分の中心、軸に物理的に体を置いて、話を聞いてみてください。「どうしたの?」「なにかあったの?」とシンプルに、ただ、聞いてみてください。

そうすると、自分に出来る事と、今は出来ない事が、スっと、分かるんです。

出来ることで応援してあげてください。出来ないことを無理すると、続かないです。返って薄情な結果を招くこともあります。

自分自身の問題も同じです。迷う事、悩むことがあったら、中心に体を置いてみます。

答えがスッと分かるんです。

肩の力を抜いて、お腹は立てる。胸は楽に。肩ひじ張らずに。

何度でも、どこでも、いつでも、思い出したら軸に戻ってみてくださいね。

軸を体感したくなったら、どうぞヨガへいらしてください♪

只今各地でグループヨガを開催中です♪☞グループクラス情報

関連記事